グループウェアはずっと以前から企業内で用いられている社内ネットワークのことで、おそらく多くの方はグループウェアという言葉を知らずにそのネットワークを使用していると思います。
グループウェアがないと、もはや今ある大企業は身動きがとれなくなることでしょう。

というのも、グループウェアがないと、IT全盛の今の時代においては、社内におけるコミュニケーションをとるのが難しくなってくるからです。例えば、スケジュール管理をするにしても、誰が、いつ、どこで、何をしているかわかれば、その後に自分がとるべきアクションも見えやすくなります。



また、それは管理職が部下の動向を把握するにも役立ちます。

All Aboutの珍しい情報をご紹介しています。

また、社内資料の共有もしやすくなり、従来は全関係者にメールで添付しておくるなど、大変非効率なことがなされていましたが、グループウェアが正しく構築できていれば、そのような必要はありません。

オンリーワンのグループウェアのことならお任せください。

このネットワークの大きなメリットは、初期投資が比較的低くて済むことです。
1台もしくは複数台のサーバを社内に導入し、あとは、専用ネットワークでそのサーバに個々でアクセスできるように設定するのみです。

市販されているような高いソフトを購入する必要もなく、大抵はウェブブラウザで十分に事足ります。


デメリットがあるとすれば、サーバを利用するため、メンテナンスは頻繁にする必要があることと、外部からのウイルスなどが、このサーバに侵入しないように、十分に注意することでしょう。