グループウェアとは、企業などの組織内で情報を共有することを目的とし、仕事効率化を実現できるソフトウェアです。具体的に言いますと、スケジュールの共有やメールの送受信、社内の情報をグループウェア上で発信することで、インフォメーションとして表示することも可能です。

便利なグループウェアですが、導入方法も非常に簡単です。



ブラウザを使用してインターネットからアクセスする利用が一般的になっていて、サーバにグループウェアを導入するだけで、あとはブラウザ経由で利用することができるので、非常に管理もしやすくなっています。
例えば、メンテナンスにおいては、社内にサーバを設定しておけば、都度管理ができます。メールをサーバにため込むとHDDの容量を圧迫したりするため、ある程度のメンテナンスは必要ですが、基本的にはサーバ1台の管理なので、面倒ではありません。
クライアントはブラウザがあればよく、スマートフォンなどの端末からも利用することができます。

リクナビNEXT JOURNALについて詳しく説明しています。

クライアントのOSを選ばないので導入が非常に簡単に行えます。セキュリティのアップデートなども行われるので、都度適用する必要はありますが、サーバ側のソフトウェアをアップデートするだけで完了し、一時的なサーバの停止のみで実施可能になります。

運用においても非常に簡単に行うことができるのが特徴です。
電子会議やドキュメント管理などの機能も搭載しており、ビジネス利用としては欠かせないソフトウェアとなtっています。